ホーム>伝統的工芸品の指定要件>伝統的工芸品の指定要件
伝統的工芸品の指定要件

伝統的工芸品の指定要件

古くから伝わる伝統的工芸品は、伝産法という伝統的工芸品産業の振興に関する法律によって定められたものです。

主として日常生活で使われるもの

まず、伝統的工芸品は生活用具として、一生あるいは年に数回の行事で使われるものですあり、や皿などといったものは、私たちが快適な生活を送っていく上で欠かせません。行事・季節にあったものを使いやすく改良を重ねながら、用途に適するよう知恵が詰まっています。色や素材、形、模様は日本人の生活様式との深い関わりがあり、古来受け継がれているのです。

伝統的な技術や技法によって製造されること

技術は「技を磨く」ことに重視されていて、技法は「素材や原材料の選択や製法」というスタイルで継承されてきました。伝統的な技術や技法が、100年間以上の長きによって継承され、職人の試行錯誤や改良を経て初めて確立すると考えられています。

伝統的に使用されてきた原材料であること

古くから受け継がれる伝統的工芸品の素材は、人と自然に優しい素材が使用されていて、長い間吟味されています。100年間以上厳選された素材は、現在にも受け継がなくてはいけないのですが、中にはすでに原材料が無くなってしまうことがあります。その場合、持ち味を変えなければ同種の原材料に転換することが認められています。

製造過程の主要部分が手作りであること

伝統的工芸品の品質やデザイン、形態などは特長を活かすために主要部分が手作りでなくてはいけません。
しかし、時代が移り変わるごとに機械を導入するといった工程も取り入れられていますので、持ち味を損なわなければ補助的工程に機械を導入することが可能です。

一定の地域で産地を形成していること

伝統的工芸品の指定要件には、一定の地域である程度の規模を保ちながら、地域産業として成立していることを必要とします。その規模には10企業以上もしくは30人以上の従事者が、その製造に携わることを必要としますので、伝統的工芸品は地域の人たちの生活と深く関わっています。
個々の企業だけでなく産地全体を形成することで、伝統的工芸品の自信や責任としての信頼性が大きくなります。

当店では通販にて伝統的工芸品をご購入いただける工房です。漆器や木彫の蓋物などの工芸品を販売しており、手作りの良さが出ているものばかりです。普段使いにもぴったりな汁椀の通販を行っております。伝統的工芸品の通販ショップをお探しでしたら、ぜひ当店をお選びください。

ページ上部へ