ホーム>一心堂の漆器>普段使いの器>果物の木のカトラリー(サクランボ)
普段使いの器

果物の木のカトラリー(サクランボ)

果物の木のカトラリー(サクランボ)
果物の木のカトラリー(サクランボ)

果物の木でカトラリーを作ろうと思ったきっかけは近所の果物農家の方からリンゴとモモの木を薪としてもらったことが始まりでした。なんとなく薪としてもらった木を彫ってみたところ木目や色、材質がとても良いことに気づきました。今では近隣の農家の方達に伐採した果樹を提供していただき本格的にカトラリー作りを始めました。このカトラリーは漆を塗ってしまうと木の違いが分かりにくくなってしまうので食用油を浸透させるオイルフィニッシュという塗装をしてあります。これから福島県の新たな特産品になればと思います。

 

サクランボの木は使う木によって色などかなり違うので特徴を説明するのが難しいです。黄色い所があれば茶色の所もあります。サクランボを栽培する木は基本的に幹を伐採することがなく枝しか手に入らないので小さいものか細いものしか作れません。今作っているのはデザートフォークのみです。

 

2018227131639.JPG

ページ上部へ