コンテンツ

漆器の修理

欠けたり、割れが入ったり、塗膜がはがれてしまった漆器は修理ができます。

 

傷に漆をかぶせて一部分だけ直したり、状態の悪いものは全面を塗り替えることができます。

 

部分的な修理を紹介します。古いお盆で一部漆が剥げています。

 

201721817929.JPG201721817103.JPG

 

塗膜が剥がれている部分に生漆を塗り木地を保護します。

 

2017218171048.JPG2017218171122.JPG

 

生漆が乾いたら面がある程度合うまで黒呂色漆を塗り重ねます。

 

2017218171226.JPG

 

お盆のふちは透漆で塗られているので最後に透漆を塗って修理完了です。

 

201721817158.JPG

 

部分的な修理は結構簡単です。ふちの漆が剥げてしまったお椀もお盆と同様に塗っていきます。最後に同じ色の漆を塗ります。

 

2017225165130.JPGのサムネイル画像2017225164818.JPGのサムネイル画像2017225164911.JPGのサムネイル画像2017225165049.JPGのサムネイル画像

 

こちらのお皿、片口、高足膳は古いもので状態が悪かったので全面を塗り替えたものです。

 

2017225165538.JPGのサムネイル画像

201722516569.JPGのサムネイル画像2017225165636.JPGのサムネイル画像2017225165710.JPGのサムネイル画像2017225165751.JPGのサムネイル画像2017225165822.JPGのサムネイル画像2017225165915.JPGのサムネイル画像

 

漆器は状態が悪くても修理可能です。傷んだところを修理することで何百年も生き続けることができます。

 

一心堂では漆器の修理を承っています。メールで画像を送っていただければ見積もりをお出ししますのでお気軽に御相談ください。

 

E-mail  info@isshindou.jp   TEL  090-2984-3657