錆絵

砥の粉に水と漆を加えて混ぜたものを錆と言います。本来錆は下地に使うものですが、筒状の金具を用いて錆を絞り出しながら絵を描きます。

主に唐草や波の文様、古代の銅鐸に描かれていた文様を錆絵で描いています。